金策について

変化アイテムが欲しいけれど高すぎて手が出ない……という、金策について自分なりの回答が出ていない初心者の方へのヘルプページです。

討伐で稼ぐ

最も簡単で、かつ比較的安定して儲けることが出来る金策方法です。
 
常設討伐は受注にお金がかからないため、無理なく挑むことができます。
最も金策効率が良いのは終焉の指揮者です。
グレードを上げないと受注することができませんが、参加するのは制限はありません。
魅惑の石や討伐コイン(M)、運がよければ煌涙石もドロップします。
レベリングと金策が同時に行えるというメリットもあります。

また、2020年4月2日、常設討伐に砂漠の亡者が追加されました。
魅惑の石や渾身の一振り、時空の砂時計をドロップします。
こちらも受注するにはグレードを上げる必要がありますが、討伐への参加は誰でも可能です。
また、僅かながら終焉の指揮者よりも高い経験値を得ることができます。

開催中のイベントや予告されているイベントの内容、あるいはその時の相場や需要と比較しながら、討伐対象を決めると良いでしょう。

その他、常設討伐でできる金策
 
  • 宝箱の亡霊(変化アイテム:予言書をドロップ)
  • 辻斬り(変化アイテム:美しき者の仮面をドロップ)
  • 主亡き使い魔(特殊アイテム:加護のカードをドロップ)
  • 鬼熊(変化アイテム:狐神の仮面をドロップ)
  • グレートスピリッツ(変化アイテム:秘めたる真価をドロップ)
  • パンシー(変化アイテム:異次元の魔手、特殊アイテム:幻獣曲第一章をドロップ)
  • 死を告げる者(変化アイテム:鎮魂の力、特殊アイテム:時の砂時計をドロップ)
 
曲討伐では低額で取引されている 曲名♪深夜背後に曲名♪いたずら好き曲名♪森の若大将 でドロップする変化アイテムがそこそこの金額で取引されています。こちらは辻斬りや鬼熊と違い変化アイテムのドロップ率が非常に高いため、かなり安定して稼ぐことが可能です。
 →2020年4月4日現在、イベントの影響でこれら三つの曲の相場が高騰、ドロップする変化の相場が暴落していますのでご注意ください。

デイリーミッションで稼ぐ(→ ミッション

足跡を誰かに残すことで貰えるおはじき、マーケットに何かを出品することで貰えるメロンパンはそれなりの額で取引されています。一日一度のみですが、労力が少ないため手軽に稼ぐことが可能です。

廃墟になった町を3回探索することで貰える時の砂時計はイベント期間であれば高値で取引されており、労力をかけずに大きな額を稼ぐことが可能です。時の砂時計の上位アイテムで、高取引されている時空の砂時計が貰える神蔵の探索も同様。

スキュラやトゲウサギの討伐は取引されている金額のわりには労力が多く、オススメ出来ません。カトブレパスの討伐は経験値稼ぎにもなるので、ついで程度で行うのならば効率は良いでしょう。

探索で稼ぐ(→ 探索

さなぎ☆やヘイケボタルなど、Luckの高い幻獣以外では効率は望めません。

謎の沈没船は特に高額で取引されている転生の鍵を採取可能ですが、確率が非常に低く他に取得可能なアイテムの相場も低いため、あまりオススメ出来ません。
灼熱地獄勇者の墓場は全体として高額なアイテムが採取出来るため、相場次第ではありますが稼ぎは良いでしょう。悪魔の洞窟はデスサイズの作成に必要な悪魔の鋭爪が採取出来るため、上記の二つが解禁されていないレベルであればオススメです。

転売で稼ぐ

マーケットで安く買って高く売る、というのは現実的ではありませんし効率も悪いです。
ウィークリーミッションである オークションで購入しよう! と組み合わせる事で、元手は要りますが労力少なく稼ぐことが出来ます。
ミッション報酬の煌涙石は高額で取引されており、オークションで落札したものの転売と併せると多額の利益を期待できます。
落札するものは、討伐曲が比較的マーケットとオークションとの相場の差が少ないためオススメです。逆に収集アイテムは煌涙石ありきの価格で取引されることが多く、儲けは薄いでしょう。

  • 最終更新:2020-04-04 02:48:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード